上の線
トップページ修理例

修理例
(このような修理をします)

無くなった部品を作る フロントガラス・サンルーフ・運転席と助手席のガラスが無い例です。壊れたおもちゃからプラスチックを切り出し、鉄工ヤスリで少しずつ削って形を整えて行き、最後はペンチで挟んではめ込みました。
ボルトの穴がバカになった ボルトの穴がバカになってしまいった時の例です。ブリキを切ったものに穴を開け、それを表裏に貼り付けることで強度を上げましたが、ブリキですから、子供さんが手を切る可能性があります。そこで、グルーガンを周りに塗り、ブリキの切り口を覆ってしまいました。子供は親の考えないような動きをしますし、接着剤としては少し頼りないグルーガンも、クッションや安全の為に使えば真価を発揮できるのではないでしょうか? ブリキで手を切らない配慮
ボタンの動きが固い 使っているうち、ボタンなどが固くなってくる場合があります。
おもちゃ病院では、グリスなども置いてあるので、当たっている部分に、それを塗るだけで直ることもあります。
グリスを塗る
電池の液漏れによる接点の腐食 おもちゃの中に電池を入れっぱなしにしておくと、接点が腐食して、ひどくなると交換の必要が出てきます。その場合、銅板で接点を作るのですが、電池を押す力が弱く、上手く当たらない場合はグルーガンという道具で溶けたプラスチックを流し込んでやると、固まっても柔らかいので、ちょうどいい具合になります。 グルーガンのクッション
頭が取れて
しまいました
タンクローリーの頭が取れてしまいました。前回、瞬間接着剤で付けたものの、すぐ取れてしまったとの事で、依頼人さんより、「穴(矢印部分)に棒か何か通したら?」と言われ、「なるほど!」と釘を短く切って通し、接着剤で補強しました。 頭のとれたミニカー
インク切れ シャチハタと同じ仕組みのスタンプですが、インク切れで写りが悪くなっていました。さすがにインクまでは置いていないので、『インターネットで「浸透印 インク」と検索すれば出ます』というアドバイスをしました。 スタンプ
電池が弱って
いました
「明かりがつかない、音が大きくならない」と言う依頼でしたが、電池が弱っていました。テスターと言う機械で調べると、電圧が低いのが分かるんです。新品の電池だと1.62V出ていますが、この電池は1.17Vしか出ていません。電池交換で治りました。 電池切れ
ピストンの軸が
折れていました
ピストンの軸が折れていたので、釘を短く切り、頭を本体側にして接着。修理中、ピストンも壊れてしまったたので、プラスチックから切り出して作りました。 ピストンの軸が折れていました
スイッチの
接触不良
電池を交換後、試しましたが音が鳴らず、スイッチの押され方が弱い(黒い四角の部分が上に引っ張られて入る)のが分かったので、白い部分に板を挟んで、スイッチが入りやすくしました。 スイッチ不良
ぬいぐるみの
骨折
踏んでしまい、足の骨を折ってしまった例です。左足(上)のような状態にする為、ブリキで筒を作り、繋ぐ事で修復しました。長さが違いますが、この後で調整しました。 粉砕骨折の修理

トップページへ

下の線
inserted by FC2 system